DAISY LOOというバンド

最近更新をさぼり気味ですみません。
需要があるかどうかわからんけど・・・・。(笑)

突然ですが、皆さんはDAISY LOOというバンドはご存知でしょうか??
神戸・三宮を中心に活動し、2015年年末に解散した4ピースバンドです。
そして、このバンドのギターは現在フジ系ドラマ『セシルのもくろみ』の主題歌を務める等大活躍中のバンド・夜の本気ダンスのギターである西田一紀さん。(通称ニシカズさん。昨年、ギターの町田建人さんの脱退に伴い夜ダンに加入。)。
そしてドラマーは現在神戸を中心に活躍しているバンド・プププランドの谷朋彦さんです。


現在夜ダンにどハマり中な私。
ぜひ西田さんが過去に所属していたバンドの音源も聴いてみたいと思い、Youtubeで調べてみました。

め、めちゃくちゃ良い・・・。
特にこの『フェニックス』という曲がすごく好きな感じでした。



ボーカル・太田さんのハスキーかつダイナミックな声、どことなく洋ロックの雰囲気も漂うキャッチーなメロディー、そして少し甘酸っぱい歌詞。
(アマゾンのレビューにThe Strokesを引き合いに出している方がいましたが何となくわかる・・・。)
すごく魅力的なバンドでした。
全国流通盤として唯一『8 Songs EP』というミニアルバムをリリースしており、アマゾンでまだ在庫があったので思わず購入してしまいました・・・。
まだ数曲しか聴けていませんが、すごく心地が良くて好きな感じです。
スルメ盤になりそうな予感・・・。

楽曲自体すごくおススメですし、今とは雰囲気の違うニシカズさんの一面も見れるのでぜひ夜ダンファンの方にも聴いてほしいバンドです。
夜ダンが洋ロックをルーツとしたバリバリの踊れる曲であるのに対して、DAISY LOOは“踊る”とはかけ離れた、“寄り添ってくれる”ような曲です。
ニシカズさん自身も夜ダンでは艶っぽくギターを掻き鳴らしているイメージですが、DAISY LOOでは今より少しあどけない感じがしてこれはこれですごく魅力的。
(特に『あなたがここにいてほしい』という曲のMVの表情が穏やかで素敵です!)

流石にこの2組のバンドでは楽曲の傾向が違い過ぎるので、同じような曲はもう聴けないのでしょうが、機会があればいつかニシカズさんの弾き語りも聴いてみたいと思いました。
あと、改めてバンドマンの人脈、というか“歴史”や“人と人のつながり”の面白さを考えさせられました。



スポンサーサイト

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

2017.08.18 | コメント(0) | トラックバック(0) | おすすめ音楽

<レポ>夜の本気ダンス・インストアイベント大阪

本日は夜の本気ダンス、『TAKE MY HAND』のインストアイベントに参戦しました。
軽く痛いレポになってます。ご注意ください。

日時:2017年8月13日(日)13時スタート
場所:タワーレコードNU茶屋町店(大阪)

15026293830.jpeg


今回はトーク等はほぼなしで、鈴鹿さんの軽い挨拶のあとにすぐに握手会スタート。
順番は米田さん→ニシカズさん→マイケルさん→鈴鹿さんの順番。
今回はプレゼントも手渡しではなく事前に整理券回収役のスタッフさんに渡して、本当にメンバーと握手&会話のみという形式。
その分前回のインストアよりお話しできる時間が少し長かった気がします。

ちなみに今回は整理番号順に整列させられました。
私は一列目の一番端だったのですが、挨拶の時に目の前がちょうど鈴鹿さん!
心臓に悪いわwww
推しを目の前にして絶対に顔がひきつってたと思います。

米田さん
手紙を書いた旨と、米田さんがきっかけで洋楽や中堅の邦バンドをたくさん聴くようになり、音楽の視野が広がったことを伝えました。
米「そういうの嬉しいです!」とのこと。

ニシカズさん
先日のLINEライブでのお酢は大丈夫だったかと聞きました。
ニ「身体に良いものだと思ったら意外とすんなりいけました」とのこと。

マイケルさん
マ「どーも!」(「いつものベースの奴」って覚えられてる?微妙?)
新しいベースのこと、6月のZepp Osaka Baysideのワンマンでリズム隊のグルーヴがめちゃくちゃ格好良かったことを伝えました。

鈴鹿さん
プレゼントと手紙を渡したと伝えたあと「私の下の名前、○○なんです」(鈴鹿母と同じ名前)と伝えたら・・・
鈴「おかんとおんなじや!あと、この前はテンパったけど、ポーチちゃんと使ってるから!」
(5月にイベントでノースフェイスのポーチを渡したのですが、先月BRADIOとのツーマン後に話したとき「使ってますか?」と冗談で聞いたらその時は思い出せなかった鈴鹿さん。←完全に私が悪いけどね)
今日、私の顔を見て思い出してくれたらしい。
ご本人にとってはほんと些細な事だろうけれど、正直めちゃくちゃ嬉しかった…。

こんな感じです。
話せる時間が短いと想定して、言いたいことは手紙に綴ったり、ある程度言うことを考えておいて落ち着いて話が出来たと思います。
とりあえず今メンバーに伝えたいことはちゃんと伝えられた!

フェスやレコーディングなどで忙しいこの時期にわざわざインストアイベントを開催してくれたメンバーやスタッフさん、タワレコに改めて感謝です。

特典はネタバレになるので載せませんが、破壊力抜群でしたwww
名古屋・福岡に参加される方は楽しみにしていてください。(*‘∀‘)

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

2017.08.13 | コメント(0) | トラックバック(0) | ライブの感想

夜の本気ダンスとGRAPEVINEで開花する

前回このブログでも取り上げた、夜の本気ダンスの新曲『TAKE MY HAND』。
昨日リリースということもあり、ネット記事やらLINEライブやら、情報を追うのがここ数日本当に大変です…。

(とりあえず昨日のLINEライブは展開が神がかっていましたねw
「ジェンガに負けたらお酢の原液を飲む」という罰ゲームをやっていたのですが、1戦目でドラム・鈴鹿さんが負けて騒ぎ倒したのに、2戦目でギター・西田さんが負けたときはあっさりと飲み干すという超展開www
酢ずかさん最高でしたwwww)

色々な音楽雑誌やネット記事を読んで思ったのが、改めて「【夜の本気ダンスのルーツが洋楽】ということは今の若手バンドの中では異質だし、彼等の最高の強みである」ということです。


私が洋楽と初めて向き合ったのは2013年のミスチル目当てで行ったサマソニです。
元々ミスチル関係でRADIOHEADやエルヴィス・コステロなどの洋楽大御所とは出会ってはいたのですが、この年のサマソニで英のバンドTwo Door Cinema Clubを知り本格的に洋楽に関心を持ち始めます。
(ちなみに初めて買った洋楽CDはTwo Door Cinema Clubの『Tourist History』です。)

そして、その後更にミスチルきっかけで学生時代知っていたGRAPEVINEが未だに活躍し、さらに現在もとてつもなく美しい音楽を奏でていると言うことを知り、彼等にのめり込みます。
(勿論現在も大好き。アルバム&秋からのツアーも楽しみです。)
GRAPEVINEを聴く上でも、彼等のルーツが洋楽にあることから更に洋楽への関心が高まります。
それプラス、同じように洋楽の要素がある国内のバンド(OGRE YOU ASSHOLEやthe pillows)を聴いたりするようになり、一気に音楽の視野が広がります。

そして、GRAPEVINEとの出会いで目覚めた私の洋楽への関心が夜の本気ダンスを通して開花しました。
(ちなみに夜ダンを知ったきっかけはキュウソネコカミです。彼等は洋楽の要素は薄いけれど、ちょっと身近な存在であることや生き様が大好き。)
彼等のルーツを調べる上で、メンバーが比較的歳が近いということもあり、“学生時代から名前は聴いたことがあったけれど実際には聴いたことがなかった音楽たち”と出会います。
洋楽であればFranz FerdinandやKASABIAN、邦ロックに関しても同様で、最近は髭、スパルタローカルズ、銀杏BOYZなどを聴くようになりました。
先にも述べたように、夜ダンは特に洋楽のルーツが色濃く出ていますね。
ボーカルの米田さんが洋楽ヲタクなのですが、とにかくその知識量がすごい。
メンバーそれぞれももすごい。
今のライブキッズは何となく洋楽は聴かない子が多い印象なのですが、夜ダンはそのライブキッズ達が知らない“あらゆる世代の洋楽の格好良い要素(曲は勿論、スタイルとかも)”と“邦ロックの格好良い要素”(主にアジカンやスパルタ、髭等の)を上手く掛け合わせて、斬新かつ新鮮な唯一無二の存在へと近づいている気がします。
夜ダンってつくづく面白いバンドだなぁと思います。


何だか纏まりのない文章になってすみません。
とりあえず私が一番言いたいのは「音楽の数珠つなぎってすごい」ということです。
私の音楽のルーツはミスチルが根っことなり、そこからバイン、夜ダンが幹となり、さらに枝が生えて邦洋問わずうまーく繋がっているんです。
一つのアーティストに固執することなく、その人のルーツを辿っていくことでより視野が広がり、一つ一つの曲をより深く味わうことが出来るようになりました。(オマージュとかは特に面白い)
夜ダンのメンバー的には、このような音楽数珠つなぎを“音楽モグラ”と言うそうです。(笑)
“私はこれからも貪欲な音楽モグラでありたいな”とふと考えた夜でした。

あー、本当に何が言いたいのかよく分からん文章だわwww



テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

2017.08.10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 好きなバンドについて

夜の本気ダンス『TAKE MY HAND』について緩く分析してみる

本日、夜の本気ダンスの新曲『TAKE MY HAND』をフラゲしてきました。

ドラマ『セシルのもくろみ』の主題歌として注目度も高く、すでにフェスやイベントでも演奏されているこの曲。
私も先月のBRADIOとのツーマンで初めて生で聴きましたが、前作、前々作(『SHINY』『Without You』)が”曲を聴かせること”を念頭に置いているのに対し、今回は原点回帰し“踊らせること”を念頭に置いたキレッキレの曲です。



『TAKE MY HAND』の大きなポイントは「BPMが150位と比較的遅めなのに疾走感が凄いこと」だと思います。
(150でも十分早いけどな←へっぽこベーシストの意見)
これに関してはメンバーが音楽雑誌やネット媒体でのインタビューでも必ず触れているので重要なポイントだと思われます。
夜ダンのキラーチューン『WHERE?』や『Crazy Dancer』がBPMが180位なのに対して『TAKE MY HAND』はBPM150位です。
(ちなみに『By My Side』も150代ですね。)
BPMが若干落ちていても各パートの音を入れるタイミングを上手く工夫し、遅さを感じさせないように意識しているそうです。
ちょうどその速さが心地よく、「縦揺れ」ではなく「横揺れ」でガンガン踊れる新たなキラーチューンに仕上がりました。
個人的には、ドラム・鈴鹿さんが普段はスネア・ハイハット・バスドラムの3点を中心に演奏しているのに、今回はタムを上手く利用してパーカッシヴな感じに仕上がっているのが新鮮でした。
あと、ボーカル米田さんの言葉さえもリズムの一つに取り入れた歌い方、「夜ダンの本質を剝き出しにした」と語るギター西田さんの掻き鳴らすような激しいギターソロも面白いです。

あらゆるインタビューから伝わるこの新曲に対する熱意。
夜の本気ダンスにとって“この曲は勝負曲である”という強い意志が感じられます。

そんな中、本日正午に10月11日にメジャー2ndアルバム『INTELLIGENCE』のリリースがアナウンスされました。
『TAKE MY HAND』、『SHINY』、『Without You』といったシングル曲を上手く組み込み、どういったニュアンスのアルバムが仕上がるのでしょうか??
今から楽しみです。

あと、秋からのツアーは頼むから神戸公演だけでも行かせてくれ!!(心の叫び)

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

2017.08.08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 好きなバンドについて

とあるアラサーサブカル女の一日

今日は神戸で美容院で髪をさっぱり、ヴィレヴァンとヴィヴィアンウエストウッドを覗いて、最後にTSUTAYAというまったりした一日でした。

美容院では暑かったのでかなり切りました。
ほぼベリーショート?
近々お会いする予定の方は驚かないでくださいね。(笑)

ヴィレヴァンでは最近バンド名をちょこちょこ耳にするテキョロカリキョロのCDが気になりました。←まずはようつべ見ようね

そしてTSUTAYAで借りたのは…
・髭『テキーラ!テキーラ!Best』
・ent『ELEMENT』
・BRADIO『ファンキー中級盤』
・四星球『メジャーデビューというボケ』
・KASABIAN『EMPIRE』
という見事なジャンルのめちゃくちゃっぷり。(笑)
KASABIANとentは好きなアーティストやTwitterのフォロワーさんの影響で、髭とBRADIOと四星球はライブの関係ですね。
どれも気になっていたやつなので聴くのが楽しみです。

今日は神戸は花火大会だったのですが、人が殺到する前にさっさと退散。
アラサー直前でも『サブカル女子』まっしぐらな奴です。(笑)

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

2017.08.05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

じぇい

Author:じぇい
関西在住の音楽好きなアラサー会社員。

【邦楽】
GRAPEVINE、夜の本気ダンス、クリープハイプ、キュウソネコカミ、Mr.Children等
【洋楽】
Two Door Cinema Club、The Strokes等

ベース、服、ミニオンズ、ホラゲーも好き。

Twitter&インスタやってます。垢名「rokuton_j」

お問合せはこちらから

ランキング参加中


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

ランキング参加しています。 もし良かったらクリックお願いします!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR