FC2ブログ

actwise10周年イベントに参戦

先日、大阪・梅田クラブクアトロで行われた「actwise 10th ANNIVERSARY-ARIGA 10-YAPPA SUKI-YANEN-」に参戦してきました。

15337369100.jpeg

吉田純さんが立ち上げたインディーズレーベルactwiseが今年で設立10周年となることを記念して行われたこのイベント。出演は現在actwiseに所属するすべてのバンド・BALLOND’OR、deronderonderon、MONICA URANGLASS、VOLA&THE ORIENTALMACHINE、夜の本気ダンス。そして転換DJとして大阪のonion night!と東京のピストルディスコのクロマティーゆうやさん。

会場の梅田クラブクアトロは心斎橋クラブクアトロから移転して2012年4月から営業をしています。キャパは最大で700人程度。元映画館という構造を活かし客席が大きく3段に分かれていて見やすい箱です。ロッカーも豊富(ただし開場後にしか使えない)だし、トイレなどの設備もしっかりしており快適です。ドリンク代は600円でした。

今回のイベントはあまりお客さんを詰め込んでおらず、会場の中段は半分がDJブースだったり、後方の段にいたっては物販スペースと併用でした。肝心の前方の段に関してもギュウギュウ感は全くなく“踊りたい人は思いっきり踊る”、“のんびり見たい人はのんびり見る”というまったりした雰囲気でした。(夜ダン目当てのお客さんにとってはこの近さ・快適さで彼らの演奏を見れるのはかなり貴重だったのでは。)

18時、代表の吉田さんの挨拶とともにスタート。今日もやっぱり短パンの吉田さん。(笑)

トップバッターはBALLOND’OR。
“下北沢発の爆裂ノイジーバンド”と言われているBALLOND’OR。トップバッターからいきなり個性が大爆発。パンクとサイケデリックが融合した世界観であっという間にステージを彼らの色に染めていました。印象的だったのが紅一点のシンセ・NANCYさん。お客さんをめっちゃ煽るわ、ダイブしちゃうわでとにかくパワフル!

2番手はderonderonderon。
横浜発小悪魔系ダンスロックバンドと言われているderonderonderon。心地よいダンスビートの合間に聴こえるシンセ・木越アイさんの澄んだコーラスが良い味が出ていました。そしてドラム・もりもとのぞみさんの明るいキャラクターがすごく愛おしい!吉田さんがボーカル・ギターのさわいかんさんのソングライティング力をとても評価されているので、歌詞なども味わいながら改めて聴いてみたいと思いました。

3番手はレーベルの最初の契約アーティストでもあるMONICA URANGLASS。
3月末に東京であった夜ダンのイベント「O-KAGE-DOSS」にも出演されていたのですが、出番が深夜だったためその時間帯に完全につぶれていた私・・・。やっとライブを見れました!電子音をふんだんに取り入れた中毒性のあるダンスミュージックを飄々と奏でるスタイルが最高に格好良かったです。また、リーダーのしゅっとした風貌に反する親近感あふれるMCも魅力的。お客さんからのツッコミがめちゃくちゃ飛んできて関西ならではの面白い空気になっていました。予習不足だったので次回ライブを見るときは思いっきり「モニカウラングラスだよ!」って叫びたい。

4番手はVOLA&THE ORIENTALMACHINE。
元NUMBER GIRL/ZAZEN BOYSのドラマーであるアヒト・イナザワさんを中心に2005年に結成されたVOLA&THE ORIENTALMACHINE。ベースはthe pillowsのサポートでもお馴染みの有江嘉典さんです。メンバーがすごいということもありずっとライブを見たかったのですが、まさかこのタイミングで見れるとは・・・。今日の出演バンドの中でも圧倒的な存在感を放っていました。パーカッシブで心地よいグルーヴにフロアのお客さんも大暴れ。なのにMCはゆるゆるで、その緩急がまた良かった。
VOLAは2014年以来リリースが無かったのですが、アヒトさんから来年の初めあたりに音源をリリースして、ツアーもやる予定という嬉しい報告もありました。

トリは夜の本気ダンス。
セトリ
・WHERE?
・You gotta move(吉田さんが聴きたい夜ダンの曲第1位)
・Magical Feelin’
・LOVE CONNECTION
・Can’t You See!!!
・fuckin’ so tired
・TAKE MY HAND
・アンコール 戦争

印象に残っているMCやポイントを・・・。
・ドラム鈴鹿さんによる吉田さんエピソードが炸裂。自分へのご褒美に食べたプッチンプリンで前歯が一本折れた。鈴鹿さんの機材車で移動中にミラーにぶら下げてあったトイストーリーの人形が人に見えて“人を轢いた”と勘違いして叫んだ等。
・鈴鹿さんによる吉田さん弄りがまだまだ止まらない。鈴「今回のイベントは東京で開催したほうが経費が安かったのでは?→そんなことだから前歯が治せない→クラウドファンディングしましょうか?」→お客さんから「前歯コール」→ボーカル・米田さん、声には出さないものの爆笑
・ファッキンで米田さんが飛ばしたネクタイがクアトロの低い天井に引っかかる→ローディーさんがさっと回収。めっちゃシュールな光景でした。(笑)
・アンコールではベース・マイケルさんに促されて改めて吉田さんの挨拶。レーベルが10周年を迎えたことに対する感謝の気持ちを真面目にお話しする吉田さん。その後、マイケルさんがめっちゃ近い距離で「吉田さん、いつもありがとうございます!」と話しかけ「近いって!」→今度は遠くから話しかけて「遠いって!」とわちゃわちゃ。ただただ仲良し。
・吉田さんのお話し中、ギター・西田さんが鈴鹿さんに何やら耳打ち。鈴「にしかずがちょねくんの襟の乱れが気になるって!」→米「吉田さん言ってくださいよー!」→鈴「目が悪いからな!良いのは耳だけだからな!(音楽を聴くセンスが良いと褒めてる)」
・「戦争」のイントロ、ギターのヘッドを床に突き立てながら掻き鳴らすにしかずさん。

新旧の曲を上手く織り交ぜたセトリに今日という日の特別さを感じました。久々の「戦争」良かったなぁー。始終吉田さん弄りが止まらなく、お互いの信頼関係が伝わってきてほっこりしました。


4時間近くの長丁場、なおかつ予習は夜ダンとVOLAのみという状態でしたが、出演バンド一つ一つが本当に個性豊かで始終飽きることのないイベントでした。
舞台袖から出演バンドを見つめる吉田さんの眼差しが我が子を見つめるお父さんの様だったのが印象に残っています。(笑)もちろんバンド側も吉田さんへの愛が溢れていて、その家族のような関係性が本当に素敵だなぁと感じました。
ちなみに吉田さんがアンコール時の挨拶で、東京のバンドが多いレーベルなのに今回の周年イベントをあえて大阪で開催したのは「大阪のお客さんは良いと思う音楽を素直に応援してくれる。その姿に何度も勇気付けられたから」とのことです。actwiseの魅力がぎゅっと濃縮されたちょっと特別な夜に参加できて本当に良かったです。

15337369190.jpeg

shinjuku SAMURAIからこんなお花が届いていたのですが事務所がどんな感じなのか気になりますねぇ。
あれだけ忙しければ仕方ないかもしれないけど。(笑)

スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

2018.08.08 | ライブの感想

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

じぇい

Author:じぇい
関西在住のアラサー会社員。

【邦楽】
GRAPEVINE、夜の本気ダンス、キュウソネコカミ等

ベース、服&コスメ、ゲーム実況、ミニオンズも好き。

Twitter&インスタやってます。垢名「rokuton_j」

お問合せはこちらから

ランキング参加中


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

ランキング参加しています。 もし良かったらクリックお願いします!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR