ミスチル25周年と配信限定ベスト盤について考える

Mr.Childrenが本日5月10日にデビュー25周年を迎えました。
おめでたい。

それにあたり「Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25」、「Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25」という、1st Single「君がいた夏」から「足音」までのシングル曲を中心に選曲した全50曲の配信限定のベストアルバムが本日予告なくリリースされました。(それぞれ25曲収録で2500円、しかも1年間の期間限定配信)


ミスチルといえば最近CDショップの活性化を目指す「l Love CD Shops!」という企画(このブログの過去の記事でも触れています。っていうかディスってますwww)を熱心に行っていますが、今回の配信限定ベストアルバムのリリースはその企画の真逆の企画であり「25曲入りで2500円という低価格」や「1年間限定の配信」という所が【新規ファン開拓という目的のためやむを得ず】という感じがしますね。
新録なし、PR費用なし、流通の費用なしとコストが殆どがかかっていない分、儲けも出やすいですし…。

熱心なファンが多いことでお馴染みのミスチル。
ふと考えたのですが、すでにベスト盤は2001年2枚、2012年の2枚で計4枚リリースしている中、もし今回のこのベスト盤がパッケージで出ていたらファンは購入していたでしょうか??
私の場合、パッケージであればジャケットやブックレットのデザイン・紙質などすべてを踏まえて「一つの作品」として考え、コレクションアイテムの1つとして購入していたかもしれません。
あと、メンバーによる詳しい解説が載ったブックレットとか、MV(前回のベストアルバム「micro」「macro」以前の楽曲のMV)のDVDが特典なら個人的にお金を出す価値はありますね。

以前から「I Love CD Shops!」の企画に疑問を感じている身としては、今回のミスチルの配信限定ベスト盤のリリースは昨今のCD市場について、そして自分のCDに対する価値観をちょっと考えさせられる機会になりました。


【余談】
ちなみに今回の配信ベスト盤リリースで一番嬉しかったこと、それは「l’LL BE」(1999)が選曲されていることです。
この曲はいままで8センチCDでしか聴けなかったのですが、それが勿体無いぐらいの名曲なんです。
(アルバム「DISCOVERY」に収録されている「I’ll be」は同じ歌詞なのに、こちらはスローテンポ。シングル盤の方がテンポが早くてかなり爽やかな印象です。)
どうしても聴きたくて数年前にわざわざ新品をタワレコで買った人間としては、今回これを配信してくれたのはちょっと嬉しかったです。
ちなみに消費税が今とは違い、時代を感じました。(笑)
なお、8センチのジャケットに映る印象的な瞳はドラムのJENさんの目なんですよ。ここもポイントが高いですね。(笑)
最近のミスチルしか知らない若い方にもぜひ聴いてもらいたい一曲です。

スポンサーサイト

テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽

2017.05.10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 好きなバンドについて

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

じぇい

Author:じぇい
関西在住の音楽好きなアラサー会社員。

【邦楽】
GRAPEVINE、夜の本気ダンス、キュウソネコカミ、Mr.Children等
【洋楽】
Two Door Cinema Club、The Strokes等

ベース、服、ゲーム(2BROさん系)、ミニオンズも好き。

Twitter&インスタやってます。垢名「rokuton_j」

お問合せはこちらから

ランキング参加中


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

ランキング参加しています。 もし良かったらクリックお願いします!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR